育休手当(育児休業給付金)はどれくらいもらえる?もらえる期間と金額!正社員でもらえたリアルな金額を公開

わたしは正社員で携帯ショップの店員として

働いていました。

 

出産を期に、育休を2年間いただいていたのですが、

実際にもらえる育休手当(育児休業給付金)と

もらえる時期、期間についてお話しします。

 

 

 

 

育休手当の金額、計算方法

 

 

出産後に不安なものって、きっと金銭面ですよね。。

働いていたママさんたちには

手当金や給付金が用意されています。

 

 

 

 

育休手当(育児休業給付金)とは

 

 

産休手当の期間が終わった後は育児休業給付金(以下『育休手当』表記と統一)が雇用保険から受け取れるようになります。

そのために必要な条件がいくつかあります。

 

育休手当をもらう条件として

 

  • 育休終了後、仕事復帰を予定している人
  • 雇用保険に加入している
  • 育休中、休業前の給料の8割以上をもらっていない
  • 休業開始前2年間に賃金支払い基礎日数である11日以上ある月が12ヶ月以上ある
  • 就業している日数が10日以下である

 

 

などの条件があります。

こちらの条件が満たされていれば

正社員でなくても、契約社員、バイト、パートの方でも対象になります。

 

 

 

育休手当は、職場復帰を前提とした給付金なので

最初から辞めるつもりで受け取るのは

マナーとしても良くないので、やめましょう(*^^*)

 

 

 

 

 

 

育休手当のもらえる金額の計算方法

 

 

 

育休手当の給付金は休業前の6ヶ月の給料金額で変わってきます。

 

実際の計算方法は

 

休業開始前の6ヶ月間の給料総支払額(控除額前の金額)÷180

 

の計算で出た金額が育休手当の日額金額になります。

 

 

 

 

 

育休手当は半年後、金額が変わる!

 

 

育休手当の開始から6ヶ月間と

6ヶ月後の支給金額は変動します。

 

 

始めの6ヶ月間は 賃金日額×日数×67%

 

6ヶ月以降は 賃金日額×日数×50%

 

 

 

となります。

 

 

 

なので半年後からの支給で

あれ??少なくなった!

という方もいると思いますが

17%減額するので知っておきましょう(*^^*)

 

 

 

 

 

 

実際に支給された金額と時期

 

実際にわたしがもらっていた金額と時期を

公開していきますね(*^^*)!

 

 

 

 

正社員として働いていたママが実際にもらっていた支給額

 

 

 

冒頭で説明しましたが、

わたしは正社員として携帯ショップの店員をしていました。

 

その時の金額、育休に入った時の実際の給付金を

お伝えしていきます。

 

 

 

わたしの休業前の6ヶ月間の賃金

総支払額の平均が 249,960円です。

 

 

 

249,960円÷30日=8,332円

 

日額金額は 8,332円

 

 

 

 

なので最初の6ヶ月間は

 

8,332円×30日×67%=167,473円

 

1ヶ月の給付金額は 167,473円でした。

 

 

 

 

6ヶ月後は

 

8332円×30日×50%=124,980円

 

 

1ヶ月の給付金額は 124,980円です。

 

 

 

 

支給月はいつ?毎月もらえるの?

 

 

支払い月は基本2ヶ月に1回です。

 

会社によっては相談次第で1ヶ月毎の支払いに

対応してくれるところもあると聞いたことはありますが

 

基本的には2ヶ月に一度

2ヶ月分が支給されます。

 

 

 

 

私の場合は最初の6ヶ月分は

 

167,473円×2=334,946円

 

 

 

6ヶ月後の支給は

 

124,980円×2=249,960円

 

 

 

が2ヶ月に一度ずつ支給されていました。

 

 

 

 

 

 

育休手当は産後いつ支給されるの?

 

 

 

これも申請時期だったり

会社の手続きの事情だったり、

確実にはお答えできませんが

 

 

大体、産後の4〜5ヶ月後に支給されます。

 

 

実際に私の時期と金額をリアルに公開しますね!

 

 

 

切迫早産にて入院 12月16日〜21日

出産日      2月10日

傷病手当金支給日 3月10日 58,530円

         3月24日 93,648円

産休手当金支給日 7月14日 450,840円

育休手当金支給日 7月20日 334,946円

         9月10日 334,946円

         11月10日 334,946円

(6ヶ月後金額に) 1月10日 249,960円

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

年収としてみてみると

 

100万円以上になるので

だいぶ助かりますよね(T ^ T)!!

 

 

 

 

育休中も税金の支払いは来るので要注意

 

 

 

 

しかし、前年度の所得は正社員としてあるので

住民税などの支払いは天引きではなくなり

 

 

こんな高いの!??

 

 

という請求が後から来るので

きちんと使い切らずに残しておきましょう(T ^ T)(笑)

 

 

 

私の場合は2ヶ月に一度

40,000円近くの住民税の支払い請求がきていたので、本当に、

 

 

 

税金め〜〜〜〜〜

 

 

 

という感じでした(T ^ T)(笑)

 

 

 

 

健康保険、雇用保険、年金は今は

免除されるようになったので安心してください(*^^*)

 

 

 

 

 

🌷ちょーこの自己紹介