名義変更手続きだけじゃ終わらない、離婚後の支払い事情

離婚1ヶ月が経ち、やっと手続きなども

一息ついたと思った矢先。

 

 

  • 携帯電話会社から料金滞納のお知らせ。
  • クレジット会社の人が家まで来る。
  • 借入先会社の人も家まで来る。

 

 

そう、元旦那はブラックリストに入っていて

クレジットも止められ、

借金も返済が間に合っていないようでした。

 

携帯電話の支払いも元夫のクレジットだったため

クレジットが止まっている以上

支払いもできる訳もなく、、、

 

 

12月までの生活費は払ってくれる約束だったので

請求書を渡し、払ってくれるとは思いますが不安。。。

 

 

そんな不安の環境から始まります2019年(笑)

 

***

2018年までに終わらせた離婚〜離婚後の

必ず必要な手続きの流れはコチラ

 

離婚届けを出してきた話。元夫に一番穏やかで一緒にいれた1日でした。

離婚届を出してきた話。子供の手続きには住所を変えなければ何も進まない。

母子家庭の手当、手続きってこんなに大変!1日で終わらない理由がわかった

賃貸の名義変更、離婚後のアパートの手続きや必要な提出書類

 

 

実際の離婚手続きは

お互いの話し合いの状態や

子供がいる、いない、

結婚歴の長さ

財産、貯金

 

などで状況は全く変わってくると思います。

 

私の場合は

 

元旦那との別居

別居後の不貞行為

が原因で主に離婚となりましたが、

 

親権について

慰謝料について

は弁護士さんにお世話になりました。

 

元旦那の借金や

飲食店を立ち上げているので

借り入れも膨大にあったし、

財産分与を提示されたら勝ち目はないと覚悟はしていましたが

 

自分がお店を出したくて出して

オープン準備もまだ子供が生後3ヶ月とかで

私が抱っこしながら手伝っていた時期も長く、

 

そこで基軸に乗ったら

嫁と子供を追い出し女を作り不倫をしているのだから

 

 

財産分与で借金を半分にさせる

なんて考えはしないと

そこだけは信じていました。

そこだけは。(笑)

 

これ以上荒波立てないように

穏便にわたしも物事は済ませたかったですが

慰謝料とお店の手伝いでタダ働き分は

どうしてもどうしても譲れなくて

 

弁護士さんに頼むことにしました。

 

結局、慰謝料もタダ働き分も

もらえるような結果にはなりましたが

 

 

その数日後

元夫には彼女がいて

別の不倫をしていたことが発覚したんですけどね(笑)

 

 

結局最後の最後まで

女癖は治りませんでした。

 

 

 

不倫がバレずに慰謝料関係をはやく済ませて

逃げようと思っていたのか、どうなのか

 

もうわたしにはわかりませんが、

そこでまた揉めたところで

ストレスの延長戦になるだけなので

問いただすのもやめました。

 

 

親権が欲しい、ってあれだけ言ってたのは

彼女がいるから

彼女に子育てを任せようとしていたのかな、、、

 

 

 

悲しいなあ、って思います。

 

 

 

 

離婚手続きが終わっても

傷ついたわたしの心は癒えません。

 

 

離婚手続きが終わっても

恨みも一生消えません。

 

シングルマザーの人たちが

強く生きている意味をとっても実感しています( ;  ; )

母子家庭の手当、手続きってこんなに大変!1日で終わらない理由がわかった

離婚しましたシリーズ第三弾

 

1歳の息子と

妊娠4ヶ月になるわたしの

離婚に関する手続き状況

 

今回は、

元夫が転出届の手続きをしてくれたので

早速、翌日市役所へ行き手続きをしに行きました。

 

 

元夫が住所を変えないと

何も進まない理由については

ぜひ前の記事を参考に(笑)

http://ch0c0.com/%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e5%b1%8a%e3%82%92%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%9f%e8%a9%b1%e3%80%82%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%82%93%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%af%e4%bd%8f%e6%89%80/

 

 

今回、手続きが必要な内容は

子供関係の手続きです。

 

  • 児童手当の口座名義変更
  • 児童扶養手当の申請
  • 県遺児手当の申請
  • 子供福祉手当の申請

 

この4つ。

 

 

まず、必要な書類として

 

  • 戸籍謄本(申請者と子、実父実母との離婚日が載っているもの)
  • 個人番号のわかるもの(申請者と子)
  • 離婚届受理証明書(戸籍謄本の記載あれば不要)
  • 印鑑
  • 申請者の通帳、印鑑またはキャッシュカード
  • 賃貸借契約書(原本)(申請者の名義になっているもの)
  • 水道光熱費のお知らせ(申請者の名義になっているもの)
  • 健康保険証(申請者、子)
  • 子供医療費受給者証
  • 年金手帳

 

わたしの自治体では

このようになっていました。

 

 

 

子供の戸籍は

家庭裁判所に行かない限り

元夫の戸籍からは離れません。

 

 

二人目が生まれても

戸籍は父親に行くので、

家庭裁判所は後でまとめてやってもいいかなと

思い、手続きはしてませんでした。

 

 

なので戸籍謄本も

わたしだけでなく、

子供の分を取らないと

実母、実父、親権も記載されていないんです。

 

 

 

し!か!も!

 

 

 

 

本籍自体は元夫が

動かしてなかったので

子供の分も取れましたが

 

 

もし本籍を変更していたら

こどもの戸籍謄本も取得できなかったところ。

 

(元旦那の実家は違う市なので、そこまで行かないといけなるところだった)

 

めんどくさいことが嫌いな元夫で

よかったと初めて思いました(笑)

 

 

 

とりあえず、申請だけ行い、

賃貸借契約書と水道光熱費の書類に関しては

日にちがかかるので今月中に

出しに来てくれればいいよ、とのことでした。

 

 

 

家の名義はまだ元夫。

私の名義に変更手続きをしているところでは

あるのですが、

 

 

 

いかんせん、

 

わたし現在、育休中。

前年度所得0円。

給与なし野郎。

 

 

 

管理会社の人も

『審査が通るどうか、、、』

と、不安の声も漏らすほど。。。

 

 

しかもお腹の中には第二子。

6月には生まれるので

復帰も1年か、2年後か、、、

 

 

『とりあえず審査だけしてみましょう』

 

 

と不安ながら

保証会社の審査結果を待つことに。

 

 

ええ、今がその

待ち期間です。(笑)

 

 

おそらく明日くらいに結果が出ると思います。

そう言われて、いろいろ考えが巡る巡る。。。。

 

 

え、審査通らなかったら

引っ越しだよね。。。

 

12月の半ば、、、

 

今から引っ越し作業なんて

鬼畜すぎる!!!

 

 

 

そして引っ越し費用だって

バカにならないし!!!

 

 

 

とりあえず明日の結果を

ただひたすらポジティブに待とうと思いました(笑)

 

 

そしてこどもの健康保険も

元夫の扶養から外し

私側の保険に加入する手続きを。

 

 

そのときの必要な書類

  • 戸籍謄本(離婚日のわかるもの)
  • 住民票(わたしと子供の続柄が載っているもの)
  • 保険加入申請書
  • 家族関係の記入用紙(私側の家族の住所や年収までも書かなきゃいけなくて結構大変だった)
  • こどもの健康保険証(今まで使用していたもの)のコピー

 

 

ここで、お分かりだろうか。。。

 

 

戸籍謄本と住民票

また取りに行かないといけないんか〜〜い!!!

 

 

戸籍謄本も別で使うものを持っていましたが、

離婚日は記載されていないもの。

住民票も持っていましたが

転出前なので元夫の名前も記載されている。

 

 

どれも使えない( ;  ; )( ;  ; )

 

 

朝一、市役所へ行ったのに

夕方また市役所へ行きましたとさ。(笑)

 

そしてどこへ行っても

原本を回収される。。。

 

 

 

コピーじゃダメなんですか

 

 

それ1枚450円もするんですよ(笑)

 

 

これからシングルになるというわたし(たち)に

優しくない。。。(小さな反抗)

 

 

そんなこんなで

保険会社への連絡と書類郵送も終わり

ひと段落。

 

願うはアパートの審査結果!!

 

 

 

一通り手続きが終わったら

離婚に関する必要な手当申請

手続きなどまとめていこうと思います(*^_^*)

 

 

 

 

 

離婚届を出してきた話。子供の手続きには住所を変えなければ何も進まない。

前回の離婚届を出したお話の投稿の続きから

お話していきます。

 

前記事はコチラ↓↓

離婚届を出してきた話。元夫に一番穏やかで一緒に入れた日でした。

 

 

離婚届を出したは出したのですが、

わたしは市役所で行う作業はほとんどその日に

終わらせたかったため

 

 

離婚届が承認された後、

 

 

こどもの手続きも終わらせようと

思っていました。

 

  • 児童手当の口座名義変更
  • 母子手当の申請
  • 母子医療費助成
  • 保育園の再申請

 

などなど、

はやめに申請しておかないと

申請してから審査までの時間がかかるときいていたので。

 

 

 

しかし!!!!

 

 

元夫の住所はそのまま。

まだ引っ越しもしていないし、

実家に移せばいいじゃん。

 

 

と話しても

納得のいかないよう。

 

 

なので住所変更は後回しでいいや。

 

と思っていた私がバカでした( ;  ; )!!!!

 

 

 

 

現時点で

わたしと元夫の関係は

離婚はしているが

 

 

 

同居人扱い

 

 

他人と同居している状態。

 

 

 

世帯主は収入のある人がなるらしく。

 

 

私の家の世帯主は元旦那のまんま。

 

 

 

なので世帯収入で審査の入る現時点では

 

児童手当の変更も

母子手当の変更も

保育園の再申請も

 

 

 

すべて不可!!!!

 

 

 

 

 

なんてこった( ;  ; )!!!

 

はやく出て行け( ;  ; )!!!←ひどい

 

 

 

次は公証役場での手続きが待っていたため

住所変更と子供の手続きは、また後日に!!

 

 

 

公証役場は16時までの受付だったので

すでに15時を回っていて急いで向かいました。

 

 

 

 

今回わたしたちは

 

協議離婚というかたちで

とくに調停も裁判もなしです。

 

 

元旦那の不貞行為があり

慰謝料を請求していましたが

 

彼は、

やっていない。

払う意味がわからない。

絶対払わない。

 

の一点張りでした。

 

 

 

しかし、わたしは

元旦那が別居した次の日、

別の女性の家に泊まっていたのを知っていて

証拠も持っていました。

 

 

 

『異性との宿泊自体が不貞行為に繋がる』

 

 

と伝えても

泊まったけど肉体関係はない。

の一点張り。

 

 

なら弁護士をつけようと話し

なら、俺も弁護士をつける。と。

 

 

はいはい、どうぞ。

 

 

 

 

そうして、弁護士へそれぞれ相談することになり

結果、不貞行為として認められ

100万〜300万の慰謝料が請求できるという事実。

 

 

そして元旦那は

息子の親権が欲しいとずっと言っていましたが

 

 

現時点で

自分から別居すると家を出て

育児にはノータッチ。

丸一日息子と過ごしたことも一度もありません。

 

 

 

 

もちろん、弁護士からも

親権は母側になると言われたらしく、

 

 

 

 

 

弁護士を契約したとしても

自分が不利なことをやっと認め、

 

 

 

慰謝料と親権については

承諾してくれました。

 

 

 

ここまでくるのにも

だいぶ期間はありましたし

わたしも妊娠中だったのでつわりと戦いながらの

協議で、本当に本当にしんどかった。

 

 

なので調停や裁判までに繋がらなくて

ほんとうによかったと思っています( ;  ; )

 

 

 

その内容をすべて公正証書を作ってもらうため

公証役場へ。

 

 

 

協議した内容のメモや記録を

受付の際に渡し、

 

お互いの免許証をお渡しし、

呼ばれるまで待機。

 

 

公証人の部屋へ通してもらい、

慰謝料金額の確認

一括なのか分割なのか

 

わたしたちは分割だったので

何年分割で毎月いくらで

何日までの支払いか。

 

 

養育費は1人いくらか。

出産後はいくらか。

 

 

 

ちなみに

妊娠中の離婚だと

 

出産までの生活費、検診代、出産費は

支払い義務はなくなります。

 

 

なので、個人的には

妊娠中に離婚をお考えの方は

出産が終わったあとにすることをオススメします。

 

 

わたしはもう

自分のメンタルを優先したかったので

早く離婚したく、出産前に決意しました。

 

 

慰謝料も認めてくれたので

わたしももう

うるさいことは言わないようにしようと

心決めていたので、

 

そこに関しては割り切っていました。

 

 

そして面会の際の決まりや

頻度、場所とかも決める人は決めると思いますが

わたしたちは、決まりとかはほぼなく、お互いの話し合いで。

 

 

養育費は社会人になるまで。

怪我や病気、習い事、別出費がかかる場合は

その都度、お互いの話し合いでサポートしてもらう。

 

そんなかんじで

けっこうゆるい感じで(笑)

 

 

公正証書の作成を依頼し、

出来上がるのは2週間後らしく

また2週間後に伺うことになりました。

 

 

 

それが11月26日

 

次に公証役場へ伺うのは12月12日。

 

 

 

なんとか年内に終わりそうで

少しホッとしました。

 

 

年越しはすっきりした状態で

迎えたかったので、それまでに元夫に

住所を変えてもらい

市役所で子供関係の手続きを終えれば

 

一旦は一息つくなあ、と考えたら

肩の荷も降りて

 

 

何より、次の日から

 

 

開放感マックスすぎて

 

とってもとっても身軽でした!!

妊婦ですが!!!(笑)

 

 

 

まだまだ続く離婚後の手続き

頑張っていきます!

 

 

 

赤ちゃんの抱っこ癖はいつから?新生児からあるの?それは悪いことではありません

 

 

抱っこ癖はいつから?

 

実際に抱っこ癖が出てくるのは

いつ、という決まりはありませんが

新生児の頃から抱っこしないと泣きやまない。

抱っこしないと寝てくれない。

 

二人目の子供は抱っこしなくて一人で寝てくれた

など、タイミングは赤ちゃんそれぞれなので

 

明確にいつから、という決まりはありません。

 

しかし、その抱っこ癖自体

いいことなのか、悪いことなのか。

 

直したほうがいいのか、

お母さんって少ししたことでも悩みは尽きないですよね。

 

 

他の子はこうだけど、

あれ?うちの子は違う、、、

 

と感じてしまうと不安も出てきますよね。

 

今回は抱っこ癖についてお話していきます。

 

 

 

 

抱っこ癖がつくことは悪いこと?

 

 

 

昔の教育方法って

こどもの育児関係や

産婦人科とかでも

 

 

『抱っこ癖がつくから抱っこのしすぎは良くない』

 

 

 

と言われてきました。

甘える子になる。

なにもしなくなってしまう。

そんな考えがあったからです。

 

 

しかし、今は実は変わってきているのです。

 

 

 

『抱っこはたくさんしてあげてください』

 

『泣いたらたくさん構ってあげてください』

 

『母乳は欲しがるだけあげてください』

 

 

 

こういったスキンシップに関するお悩みは、

積極的にしていいよ、と指導されています。

 

 

 

それはなぜか、

 

みなさんに知ってほしいと思い

少しだけお話させてください😊♡

 

 

 

スキンシップをしないとどうなるか

 

 

まずは、

 

海外で実際に

0歳児の赤ちゃんを50人集めて実験を行った事例があります。

 

 

 

  • 目を合わせない
  • 笑いかけない
  • 抱っこしない
  • 触らない(必要最低限のみ、オムツやお風呂はいれます)

 

 

という育て方を1年間続けたら、赤ちゃんはどうなるか。

 

そういった実験を行ったところ、

 

 

 

 

 

1歳を迎える赤ちゃんは一人もいなかったそうです。

 

 

 

 

 

わたしはこれを知って

ぞっとしました。

鳥肌。恐ろしい(;_;)(;_;)

 

 

 

 

①成長ホルモンの障害が起きる

 

 

 

原因は

成長ホルモンの障害だそうです。

 

 

 

成長ホルモンが不足すると

成長できたとしても

キレやすい子供になったりと

反抗的になったり

 

大人で言えば

お肌の調子が悪くなったりと

身体にも直接の影響が出てくるのです。

 

②大事なホルモンが分泌されない

 

 

赤ちゃんとスキンシップをとることによって

 

『オキシトシン』

 

という安らぎを感じるホルモン

脳から分泌されるのです(*^_^*)

このホルモンが子供の成長に必要不可欠な

大事な大事なホルモンなのです!!!

 

 

赤ちゃんとスキンシップをとるだけで

赤ちゃんも自分もハッピーで癒されて

 

さらに成長できるホルモンが自然に分泌される!!!

 

 

 

 

 

 

なんて素敵な育児方法♡♡♡

 

 

 

 

 

赤ちゃんは言葉を話せないので

泣くことでしか大人にうったえることができません。

 

それを無視して

うるさいと無下に扱ってしまうなんて

 

 

人が自分を呼んでいるのに

シカトしているのと一緒!!!!( ;  ; )

 

 

 

 

もちろん育児を経験している方なら

言葉では簡単でも

実際にはそんな簡単なことじゃないわ!

って思いますよね。

 

 

赤ちゃんの泣き声を毎日毎日

夜な夜な聞いていたら

そりゃあ、まいってしまいます。

 

わかります。本当に。

 

寝不足でも

全部我が子が優先。

眠たくても起きる。

体が疲れていても抱っこ。

自分一人の時間なんて睡眠時間を削るしか。

 

と、いうね!

わかります!!!(笑)

 

 

 

 

 

それでも、わたしはこのことを知ったおかげで

無理のない程度に愛を目一杯注いであげようって

思えてます(*^_^*)

 

 

 

抱っこ癖がつくことは悪いことではない

 

もし、これから子供が生まれたり

子供がほしいと思っている方がいらっしゃれば

本当に伝えたい!!

 

 

 

 

 

我が子を、たーーーーーくさん

抱っこしてあげてください!!!!

 

 

 

抱っこできる時間なんて限られていて

赤ちゃんなんてすぐに大きくなってしまうから(;_;)!!!

(10キロの息子、既に長時間抱っこするのもツライ←)

 

 

 

抱っこできる間の時期は

たくさん甘えさせてあげてほしいです(*^_^*)

 

 

 

 

 

親の息抜きはどうする?

 

 

そして親も息抜きは大事です!

 

 

わたしは、

 

 

『こどもを生んだなら親はほとんど我慢しなきゃダメだよ』

 

 

と言われたことがあります。

 

 

 

 

そんなことない!!!

 

 

と、わたしは思っています。

 

 

お酒は飲みたいけど

それより

わたしは!

息子の方が大事だから

息子を優先しているだけ。

 

 

友達と遊びたくても

息子と一緒に連れて行ける場所じゃなかったら

断ります。

わたしが!我が子とも一緒に行ける場所がいいだけ。

 

 

予定があっても

息子が風邪引いたら

わたしが!!息子のことが心配だから

わたしが!!!息子と一緒にいてあげたいだけ。

 

 

 

そう、全部

わたしのやりたい優先順位で

動いているだけであって

我慢しているわけではないです。

 

 

 

 

むしろ親がね、

 

『子供のために我慢してる』

 

という感覚でいたら

 

 

 

子供からみると

 

『僕のせいでママは我慢しなきゃいけないんだ』

 

となってしまいます。

 

そんなこと絶対に思って欲しくない(;_;)

 

 

 

 

なので、

 

親の息抜きも

誰かに頼ることも

疲れたときは疲れたって思っても

 

全然オールオッケーなのです🙆♡

 

 

 

ただただ

たくさん抱きしめて

たくさん触れ合って

たくさんダイスキと伝えてあげて

たくさんぎゅーとちゅーを

してあげてください。

 

 

親子でオキシトシン分泌しまくっちゃいましょう(*^_^*)♡

 

 

 

***

他の記事のご紹介*

母乳育児でお悩みのママさんパパさん

育児本の紹介

***

 

 

感情が生まれるのは、脳がその出来事に「重要」とタグ付けをしていること

 

f:id:rainday2626:20180309221207j:plain

 

育児本の紹介

 

今回はわたしが

育児中にモヤモヤするときや

考え事をするときに

いつも読む本の内容を少しお話ししようかな

と思います(*^_^*)♡

 

その本のタイトルがこちら

『今の科学で絶対にいい!と断言できる 最高の子育てベスト55』

 

 

 

 

イライラしてもいいんです

 

育児って癒しもあるし

自分の子供って本当に本当にかわいいけど

24時間一緒で自分の時間を割いてお世話をするには

やっぱり可愛いだけじゃ厳しい面もありますよね。

 

 

わたしは最近トイレに行くだけでも

ぎゃんぎゃんなので

トイレの扉、開けてます(笑)

 

 

 

 

もちろん育児中のお母さんは

自分の子供にイライラしたりすること

たーーーーくさんあると思うんです。

 

 

 

わたしもあります。

何をやってもぐずぐずで泣き止まず

抱っこしても降ろせ、とぐずり

降ろしたらもっと大泣き。

 

 

 

 

何がしたいんじゃ〜〜〜〜!

 

 

って、なりますよ!(笑)

 

 

 

 

そんなときは一回落ち着いて

いつも瞑想します(笑)

それか甘いもの食べて落ち着きます(笑)

 

 

 

 

その間、息子たんはギャン泣き。

いいんです。

ギャン泣き中に

わたしがイライラして

 

も〜〜!!!

 

って息子に言ってしまうよりも

多少、泣き疲れてもらって

わたしの落ち着きバロメーターの補充をしても。

 

 

 

 

 

 

だって、

怒る方がエネルギー使うじゃないですか。

 

そして怒ったあとの罪悪感って

とても嫌なものじゃないですか。

 

 

なんのプラスにもならないですもん。

 

 

 

 

 

 

さすがにリビングのゴミ箱3箱全部

ひっくり返して生ゴミもぶちまけた時は

叫びそうになりましたけど( i _ i )(笑)(笑)

 

 

それも良いんですよ!

ほんの数分ぐらいゴミ箱放置して

子供抱きしめながら落ち着く時間を作れば!

 

 

 

多少お部屋の中が

生ゴミ臭にまみれても

あとから窓開けてリセッシュふりかければ

いいじゃないですか。ええ!(笑)

 

 

 

そんな、

 

 

 

あ〜〜今、キレそう!!!!( i _ i )

 

 

 

って思う時、ありますよね?(わたしだけ?w)

 

 

 

 

 

 

 

感情が生まれる理由

 

こちらの本の中でも、

今回わたしがとってもタメになったお話し。

 

 

 

感情が生まれるのは、

 

脳がその出来事に「重要」とタグ付けをしていること

 

 

という言葉でした。

 

 

 

 

その内容は

 

自分の感情に自分が気付いてあげること。

日常的に自分の感情に名前をつける練習をすること。

 

 

 

「今、怒っている」

「今、イライラしている」

 

こういった感情になっている自分に

自分が気づくことが大事なんだそう。

自分の感情から少し距離を置いて

客観的に見てみることで、

 

 

 

「私は自分がイライラしていることに気づいている」

 

と、感じるようになること。

 

 

 

そうすると、イライラして

突発的に怒鳴ったり怒ったりすることって

少なくなるような気がしますよね(*^_^*)

 

 

 

 

 

感情を否定しないこと

 

そして、もうひとつ大事だなって改めて思った内容が

 

「感情を否定しないこと」

 

 

 

自分の子供の感情も

自分の感情も

否定しないことが大事なんです。

 

 

 

 

本に記載してある例で挙げてみると

 

 

 

孫を1日預かったおばあちゃんからの視点。

 

孫は「パパとママがいないー!!!」

と泣いて泣いて、なかなか泣き止まず

おばあちゃんとおじいちゃんは

歌を歌ったり

お菓子をあげたり

お散歩したり

気を紛らわせようと必死だったそうなんです。

 

 

「パパとママが帰ってきたら帰れるから、今は楽しく遊ぼうね」

「もう大きいんだから、泣かないで」

「パパとママはいないから!泣かないで!」

 

 

こういった声がけって

子供の感情を認めていないんですよね。

 

 

 

 

 

なだめるために本当にすべきことは

感情に直接触れて、共感すること。だったのです。

 

 

おばあちゃんが二度目に孫を預かった時は

 

 

「パパとママに会いたいよね。さみしいよね。そうだよね。」

 

 

 

と言って、ただ黙って抱きしめて

揺らして背中をポンポンしていたら

10分もたたないうちに泣き止んで

おばあちゃんの腕の中で眠ってくれたそうなんです。

 

 

子供の感情に名前をつけて

(今回であれば「さみしいよね」など)

大人が言葉にして言ってあげると

子供も自分自身で感情を理解するようになるそうなんですよね。

 

 

 

そしたら癇癪をたてて怒ったりキレたり

そんなことも減っていくだろうなあ、とわたしは

想像しました。

 

 

 

 

感情は消え去ることことはできない

 

感情はすぐそこにあるもので、

いくら打ち消そうとしても批判しても願っても

消え去ることはありません。

 

 

そんな感情を否定するのではなく

認めてあげること。

 

 

わたしは悲しいの。

わたしは寂しいの。

 

 

たったこの一言を

パートナーに伝えるだけでも

 

きっとケンカの数って減るような気がします(*^_^*)

 

 

 

 

これは

どこの家族にとっても

とっても大事で重要なことだなと改めて

思いました(*^_^*)♡

 

 

 

 

 

 

みなさんも、もし

子供にイライラしたり

怒りたい気持ちになった時は

 

自分を責めないで。

 

その感情は

悪いことではないです。

 

 

あなた自身が

頑張っている証拠なんです。

 

 

 

 

少し客観的に見て

落ち着いてみて

 

おさまったら可愛い我が子を抱きしめれば

それで良いと思うんです(*^_^*)!!!!

 

 

 

 

 

子供だって泣きたい時に

泣いてるんだから親が

無理やり涙を押し込めることないと思うんですよ!

これはちょーこ持論。笑

 

 

 

眠たいのに寝れなくて泣いている時は

今日1日のエネルギーを全部出し切っていないから

寝る前にエネルギーを出し切るための

 

その儀式なんだと思ってます(笑)

これもちょーこ持論。。。(笑)

 

 

 

眠いよね。

寝たいよね。

でも寝れないんだよね。

 

 

 

そうやって隣に一緒になって

ゴロンしてあげます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世のお母様方

本当に本当にお疲れさまです(*^_^*)

 

無理しない育児を

お互いに優しく穏やかに過ごしていきましょう♡

 

 

 

 

セッパの詰まった時は

周りにSOSを出すのも立派な母の仕事!

 

と、だれかが言っていました!(誰)

 

 

 

 

ひとりじゃない。

みんなで子育てを、楽しみましょう(*^_^*)♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの今の感情は

 

 

 

 

 

 

 

 

「育児と家事の毎日のわたしを誰か褒めて♡』

 

 

感情に素直に♡(笑)

 

 

 

本のレビュー

 

いろんな方の感想も気になる方はコチラ*

【感想・ネタバレ】いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55(23件)のレビュー

 

 

 

わたくしの自己紹介はコチラ*

妊娠中にシングルになると決意したちょーこの生態

 

 

 

 

***

第二子を妊娠中に離婚を決めた ちょーこの自己紹介

みなさん初めまして、ちょーこと申します。

今回ブログを書こうと決めた心境と

心の整理のため

ブログを綴ろうと決意しました。

 

 

現在もう少しで2歳になる息子と二人で暮らしています。

お腹の中には第二子の赤ちゃんがいます。

 

それでも離婚を決めて

シングルで育てると決意した経緯や気持ちを

すこしお話させてください。

 

 

 

勿論、夫のことは大好きで

息子のことも大好きで幸せに三人で暮らしていた思い出も

たくさんあります*

 

 

しかし、

結婚、出産後、旦那が飲食店の夢を叶え独立、

それをきっかけに多忙になり

すれ違い生活や喧嘩も増え

このままでは

子供に悪影響だと二人で判断し、

 

離婚を決意しました。

もちろん、そこに至るまでの経緯や

離婚いなった理由はたくさんあります。

もうとりあえず、精神的にやられることばかり。

 

結婚よりも離婚の方が大変って

こういうことだったんだな、と納得(笑)

 

***

 

 

わたしは実家がありません。

父は大阪で入院中。

母はフィリピン人でフィリピンに在住。

 

頼れる環境といえば18歳の妹が3駅向こうに住んでいるのと

心優しい友人が本当に本当にたくさんいたこと。

 

 

会う機会も少ないので

相談などもあまり親にはしたことなかったのですが

さすがに親にも相談、報告。

 

いつもは厳しい父ですが

さすがにこの時は優しくて

本当に救われました。

 

 

だがしかし

つわり真っ只中に起きた出来事なので

体調は絶不調でした。

 

 

 

 

 

少し落ち着いて、

わたしにもできることってなんだろう。

 

と考えるようになり、

 

 

もともと働くことが好きで仕事も好き。

家に引きこもることができない性格だったので

子育て中もお出かけしたり、

カラーセラピストとしての活動をメインに

自分で仕事をしたりしていました。

 

 

ただ、妊娠初期のつわりがひどい状態で

外を出回って働くのにも限界があると感じ、

とりあえず、家でできる何かを始めようと思い

ブログを書こうと決めました。

 

 

節約が苦手な私でもできたポイ活(ポイント活動)や

子育てに役立つグッズ、豆知識などの配信

カラーセラピストとして活動して得た知識や情報

育児に関する役立つ情報を配信しようと思っています*

 

 

 

もし、同じように

子供がいるけど離婚になってしまった。

妊娠中にシングルになると決意した。

旦那が脱サラして独立した。

 

そんな同じ境遇に立っているママさんがいましたら

少しでもお役に立てる情報を配信できたらと思います。

わたしもまだまだ完全に心の傷は癒えていません。

妊娠中ですしね!ホルモンバランスという最高の敵が

まとわりついてきますもんね!(笑)

 

 

 

でも二人の子供を一人で育てると決めたからには

覚悟と努力は必要だと感じて

 

 

引っ越して断捨離をし

第二子の赤ちゃんが安心して生まれてこれるように

環境を変えることから始めました。

 

 

 

離婚する、しない、解決するまでの状況って

すごくつらいですよね、

めちゃめちゃつらいんです。

 

誰にも相談したくないくらい

追い詰められて、そして痩せていく、、、

 

 

それを経験したからこそ綴れるお話もあると思います。

これから出産という一大イベントを迎えていますが

それはリアルタイムでお知らせしていこうかな(励ましが欲しくて)

 

 

 

ではでは、

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます♡

しばらく

ちょーこをよろしくお願いします(*^_^*)